いいとこ見つけた。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

その時が来ました。




c-clover2a.jpg


今日の気温は7℃から14℃、写真を撮らなかったですが
昼過ぎから、亀千代をあのサークルに入れて、外に出しました

風がなかったので、暖かかったのでしょう
大人しくしていました


IMG_3203.jpg


今日は、一昨日の精算に行ってきました

精算が済んで~【あの人はどこにいるかな】
玄関付近の一番大切そうは部屋を見ると中にいるいる~

あの人とはHちゃん、最初に出会ったのは、中学校を出たばかりの15歳
私は30歳、彼女がが就職してきた、病院の詰所が出会いの場所です。


IMG_3217.jpg


「ああ~昨日も思いよったちゃが、たしか家はこのあたり~」
気持ちが通じたのですね~(*^-^*) ニッコリ☆

介護の関係で、近くへ頻繁に来ているとか~・・・

彼女は約350床を持つ病院の総婦長です
10年ほど前に病院のOBのお食事会で出会った時
ニヤニヤ笑って「可笑しいでしょう」

何を言っているのかと思ったら、彼女が総婦長になったと・・・照れているのです
何となく信じられない・・・妙なものがありますが、事実です






思えば、彼女たちが一緒に入職してきたのは、15歳7名です
9:00から11:00まで実習をして、11:00には昼食をして、看護学校へ行きます

7名も学校に出すといろいろあるようで、こちらは出たがあちらにつかない
学校から連絡があって知る・・・が・・・そういうことは私どもには関係ない



ある時、私の同年の友達がこんなことを言いました
「私たちは、この子たちをきちんと育てないといけないよ」
「私たちがお世話になるときに大事にしてもらえない」(笑)

この人が、准看の資格を取って、あれから~高校通信教育
看学に行っていない人(無資格)には、看学の勧め・・・

私は、何人この病院で進学を薦めたでしょうか


このHさんも漏れずに高校の通信制へ行き~~~
「これがわからん」といって私のところへ

働きながら学ぶのですから~こういう手助けはありがたいのです
家に来て、数学とか・・・(私は通信高校を卒業したばかり)たまには食事
お喋り・・・ゼンゼン勉強になっていない時もありました






次に、少し落ち着いて、看護進学コース(私は、もう卒業していた)
薦めて、煽って・・・テストの勉強にもきましたね~

テストの時の作文の書き方、簡単な英語などなど~
でも、私の紹介した学校には合格できなかった


この後、少し疎遠になっていて、次に他校で正看の資格を得たとか
【私たちには、モデルがあったので、割合気楽にいけました】彼女はこういいます

「(´ヘ`;) う~ん・・・苦労ばかりしていた私がモデルなの?」

落ち着いた私も、今日はゆっくり話をしましたが
やはり立派になっています(*'▽')


* ああ、私も倒れたころにはここが良いかな?
そんなことを思いましたが

お世話になる前に彼女のストレスを緩和させておげなきァ
健康でいてもらわないと、もう60歳だと言います~
私の介護の前にHちゃんの健康管理ね




「大事にしよう、私たちもおむつ交換をしてもらうように、なるかもしれないから」
友達の言葉が思い出されます。

そんな時が来たのですものね。



最後までお付き合いありがとうございました。

COMMENT▼

タイトルに!!!

 何があった?! と思いましたよ。
 看護婦(看護師)さん養成の制度も今とずいぶん異なりましたね。
 でも、患者への愛や職務への責任感など上に立つ方のご指導に教えられる・・と言う面は時代が変わっても同じでしょうね。

ユキツバキさま

この世界の有様もどんどん変わっているようです。

15年前までは、私も現役で、学生とかかわっていましたから
そのあたりは解ります。
思えば、このHさんたちは中卒(45年前)で、来ました

まだ、可愛い~キチンと正しいことを教えれば、素直に吸収します。



それから20年後に他所で高卒の入職(無資格 学校へ行く)を見ました
田舎から出てきたので、初めだけ素直、そのうちに自己確立?です


私は正看の実習を担当していましたが、卒業前に卒論の発表会があります。

卒論の中に、感動する場面が沢山あります
実習時に、この人がと思うような人が・・・きちんと整理できている
私は体当たりですから~大分、自分の少ない力から抜かれたでしょう。
その人のやる気も・・・たった一言で出てくるのですよ。

お話を伺ってると、和さんは本当に宝をいっぱい持ってらっしゃるな~と感心します。
お仕事も素晴らしかったのでしょうけれど、人を育てるということに関して和さんの右に出る人はいないのでは?
そして育てた方々は皆さん宝石のように世の中で輝いてる♪
生きた証しが残せるって素晴らしいです。
はて・・・私は・・・?(;´Д`)ノ

友は大切に!

人柄が良い和サン!良くしてやれば慕ってくれます。
うれしいですね。
終の生活も安心して任せられる友人v-22
私からも「和さんをよろしくとお願いいたします」・・とv-284

小梅さま

誉められると~登っちゃう

それらのすべては、退職してから認められているようですよ。
真は職場ではあまり通じない・・・こんな形で残っていればまだ幸せです。
まだ、ポッケの中には沢山ありますよ。

ゴットばあさんさま

暫くは、私が面倒を見てあげなきゃ・・・(笑)
これから時々寄るそうですから、お茶とコーヒーを・・・

私はコーヒーだけです・・・ああ悲しい

まだ、話をしていたら、私が姉ですよ。

私も老後の事を考えないといけなと感じる年齢になってきました。

通りすがりさま

晴れた日は気持ちも明るく、老後なんて考えないですね
でもねぇ~、早くから計画は立てておいた方が良いですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://niwaasobi.blog.fc2.com/tb.php/970-da190ebb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

老夫婦二人住まい、残り少ない人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと努力しています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。
どうぞ、よろしくお願いします。

あしあと

いらっしゃいませ




ブログランキングならblogram

ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!