いいとこ見つけた。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

スイス旅 6 (モンブラン観光)



マッターホルンの朝焼けです。

予定通り、少し早めに起床して朝焼けを待ちました。
(ホテルのベランダから見えます)

536CIMG0719.jpg

(5時36分)


545CIMG0722.jpg

(5時45分)


547CIMG0725.jpg


553CIMG0732.jpg

(5時53分)


559CIMG0735.jpg

(5時59分)

604CIMG0738.jpg

(6時04分)

606CIMG0739.jpg

(6時06分)

607CIMG0740.jpg

(6時07分)

608CIMG0742.jpg

(6時08分)

635CIMG0743.jpg

(6時35分)


つかの間の祭りでした。


以上付録でした



ここまでがマッターホルンです


写真の整理と加工、優れない天気で、不機嫌な亀千代の健康を気遣いながら~~~
少々、いや、かなり頭は混戦状態です。

見事な朝焼けは、マッターホルンです。(念のために)

         














         

ここから、最高峰のモンブラン観光です



午前/アルプス5大名峰モンブラン観光へ。
標高3,842mのエギュー・ドゥ・ミディ展望台からはグランドジョラスなどの針峰も~
絶景パノラマを楽しむ

午後/ 絶景列車ゴールデンパスラインに乗車。スイスの田園風景を楽しむ。
グリンデルワルトではゆったり2連泊!~
宿泊はホテル「サンスター」!さらに山の見えるお部屋へ!ショッピングエリアにも近いホテルです!






7:10 ホテルを出発、スーツケースをじぶんでもって電車に乗り、次の駅のテーシュまで
(ちなみに、このテーシュは駐車場になって栄えているようです)

テーシュで、バスに乗車シャモニーへ 【モンブラン観光】

シャモニーではシャモニーを乗り継ぎ標高3842m迄のぼる

(前来た時には、中のえれべーたーの故障で上へ登れませんでした)

ここは観光客が多く、長い行列が出来て、実際にモンブラン山を見れるのは
短時間です

狭いところに、観光客が沢山いて、降りるエレベータの順番を待つ列まで出来ています。







展望台につきました


Mont Blanc 4807m

ここはいいですよ↑



 

DSC02032.jpg












モンブランの頂上付近から左へ振ったものです。






モンブランを背にした方向です、尖った山々・・・私も初めて見ました。



mo.jpg

↑ 中央部がモンブランさんです。


↓ カメラをひいてみました。


CIMG0758.jpg


CIMG0761.jpg


通路から(屋内)展望台を見る。


CIMG0762.jpg


DSC02041.jpg


観光が終わって、ロープで、地上へ下ります。


DSC02042.jpg


DSC02044.jpg


DSC02046.jpg


こんなのに乗って昇降します。


DSC02048.jpg


モンブラン(4810m)観光 終わり

DSC02051.jpg



【ゴールデンパスライン】と言うのに乗って、田園風景を見ていました
ところ~~~~~~

「途中の線が土砂崩れで、通行止めになった、次の駅でバスに乗り換えてください」
急に、路線変更になりバスに乗りました

ところが運悪く、外人さんと一緒ですが、目の前で
全く周りを無視して仲良くされるので、目のやり場がありません(笑)

・・・・・・・しばらく走って次の駅で、前の人は下りたので~たすかりましたぁ~

その後、再び迎えの列車に乗ってヅヴァイジンメンと言うところまで~行く。


そこから2時間専用バスで、アイガーの麓の村グリンデルワルドに着きました。

CIMG0766.jpg


CIMG0767.jpg


CIMG0768.jpg


ホテルの前です。


DSC02073.jpg


016.gif

COMMENT▼

こんにちは。

モンブランって、
ハイカラな食べ物の名前でしか聴いた事がありませんが、
山の名前から取ったのでしょうかね ?
現地はとても寒そうなので勿論当然真冬服着用でしょうか ?
最初の10連続写真素人撮影とは思えず圧巻です凄い~ !

No Subject

和さん、ご無沙汰しました~♪
やっと孫たちが帰って、ゆ~っくり和さんのお写真を楽しむことができました。
ホントに素敵です!!!
『神々しい』という表現がぴったり・・・。
何度も何度も拝見しました♪
お食事やお花もウットリで・・・すっごく癒されました♪

岡 夜 ☆ 待 つ さま

モンブラン (ケーキ) - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/モンブラン_(ケーキ)
名前の由来は、アルプス山脈のモンブランであり、フランス語で「白い山」を意味する。 ... このケーキはフランス・サヴォワ県と隣接するイタリア・ピエモンテ州の家庭菓子が原型であり、当初はクリのペーストに泡立てた生クリームを添えたデセール(冷菓)であった。

@@@

ちなみにフランス側からみると女性的な「白い山」も、イタリア側では峻険な姿をした「魔の山」ですよ。

この日は0℃から30℃を経験しました。

小梅さま

お疲れ様でした~
スイスの写真を見て、本当に何でもない緑、空のブルーがたまらなく愛おしくなるのですよ。

日常、囲まれたところで生活をしているせいが、穏やかな山にいるだけでも幸せを感じます。
気持ちはハイジそのものです。

No Subject

こんばんは、和さん!

いや~どこを見ても素晴らしい景色ですね。
こんな場所で暮らしていたら、
今とは人生観ちがうんでしょうね^^

モンブランから見下ろした景色は、
高所恐怖症のせいか、少し怖くかんじました。

マッターホルンは、
なんだか、シロップをかけたように、
色が鮮やかに変化するんですね。

モンブランケーキが食べたくなった

 (´∀`*)こんにちは
|∧_∧
|・ω・? おはよう
| っ 9
|―u’ 今日もよろしくお願いします
今日はお風呂です
京都は昨日37.2℃でした

朝焼け

和さん!!素敵な朝焼けv-278
感動しましたv-344
沢山の素敵な写真、毎日ワクワクしながら見させて頂いてます♪
それにしても、何と青い、青い空なんでしょう・・・(*´▽`*)

No Subject

黄金に輝いてますね。歓声が聞こえてくるようです。
グリンデルワルドはハイジの世界ですね♪

お見事

モンブランの連続フォトお見事です。
村の緑の美しさは壮観ですね。
フォトでも感動的なのに実際見た感動
言葉に出来ない程でしょうね。
今月もよろしくお願いします。

No Subject

モンブランの朝焼け見れたんですね。
蒸し暑さを忘れるいい写真ですね。

素晴らしい!

画像を見るたびに凄い所に行って来たんだなあ・・と。
朝焼け=太陽の動きを・・素晴らしいです。v-284

やっぴえろさん

すみません
説明が悪くて、誤解を生んだようですね。

上の方の写真は、昨日見えなかった朝焼けを翌朝見たところです。



モンブランは、ロープウエイに乗って、あの高い展望台から
【向うの方にあるモンブランを見る】観光

モンブランは遠くにありますから、最高峰と言われても、迫力に欠けますが
何処か優しい~~~レディを思わせ、ケーキやカキ氷の登頂のあのまろやかな白さ・・・(´ヘ`;) う~ん・・・いいですね。


見る側にとっては、みるまでの過程が大変・・・それだけ人気なのでしょうね。

流木庵{え~ちゃん} さま

台風が、またまた~今日は風は止んでいますが
バアバはなんとなく、天気と亀千代・スイスの写真にきりきり舞い、その割になかなか進みません

夏バテしない様にお気を付けください。

今日は、プールへ行ってきます。

muminnさま

横からでも、朝焼けが見れて良かったです。
この前の人たちは、何も見ることが出来なかったようですから~

でもねぇ~
展望台からのものは~~~格別なんですよ~残念。

青い空、山・野の緑、いいですね
草原に大の字になるのを忘れてきました。

ktpageさま

早朝から、ツアーのメンバーには特別の連絡がありました(朝焼け)
もう、みなさん、それぞれに自分の部屋のベランダで完成を上げていらっしゃいました。

数ある展望台では、それぞれに歓声が上がったことでしょう。
実物は、やはりもっと凄いですよ。

oyajisannさま

シャッターを押す時には何でも押して
後で何とかなると思っても、整理が大変です(笑)

でも、ない袖は振れないので、その中から苦心算段
結果はこれにいたっています。

8月もよろしくお願いします。

通りすがりさま

表現が悪くて、すみません。(紛らわしいですね)
この日のものはマッターホルンの横顔でした。

ここの旅行は、山の名前・地名、当然カタカナでずらりと出てきます。

私の場合、その中で、覚えた地名および山の名前は合わせてお手てだけで足ります(爆笑)

難しいです。

ゴットばあさんさま

本当に凄いところですよね
リタイアするまで、ハイジの里をテレビで知っていたくらいでした。
それが、何と虜になるなんて~驚きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://niwaasobi.blog.fc2.com/tb.php/747-cccbf801

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

老夫婦二人住まい、残り少ない人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと努力しています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。
どうぞ、よろしくお願いします。

あしあと

いらっしゃいませ




ブログランキングならblogram

ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!