いいとこ見つけた。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スイス 旅4

今回はblogのアップがグウッと遅れています<(_ _)>
梅雨を避けて、いつも逃げ出していた旅行・・・

今年は、そのお仕置きのように、出発は台風で脅して
返ってくるのを待って、梅雨明け

老婆は一挙にいじけてきました、この暑さで参っています。



亀千代が私の帰りを喜ぶかのように、ものすごいはしゃぎようでしたが
ついにダウンして、全く動かない様になっていました。

きょうは、すっかり良くなってアチコチ徘徊し、横に寝ると、必ず枕を取りに来る
私を押しのけて、枕を取ります、(これが出てくると安心です)

この暑さは、老婆だけではなく、亀千代にも注意は必要で、ちょっと気を使います
私は朝から頭痛でしたが、夕方には良くなりました

エアコンも自分の部屋では苦痛なので、隣から送り込んでいました
妙に過敏ですε=(・o・*) フゥ

こういう中でも、みなさんのコメントに励まされて~~~立ち上がっています。<(_ _*)> アリガトォ


hartline3.gif



今日(四日目)の予定は

午前/絶景列車 レーティッシュ鉄道アルブラ線(氷河特急線)に乗車。(氷河特急には乗らない)
沿線のハイライト「ランドヴァッサー」橋を通過


その後、サースフェーへ。
途中、ローヌ氷河付近で写真タイム。

アルプス5大名峰 ミシャベルアルプス観光。
スイス国内最高峰のドムなどを見る。

観光後、マッターホルンの麓の村、ツェルマットへ。


016.gif


まずは「ランドヴァッサー」橋が待っています
レーティッシュ鉄道アルブラ線に乗りました

座席は左側(これがのちにひびきます )
車窓から、絶景を見るには、どこでもよいと思ったし、一度は見ているところなので
あまり気にもしませんでした


CIMG0594.jpg



CIMG0600.jpg



CIMG0598.jpg



CIMG0601.jpg


前方はこんなふうに見えます。


CIMG0602.jpg



CIMG0604.jpg


CIMG0605.jpg



CIMG0607.jpg



CIMG0616.jpg


CIMG0626.jpg


ランドバッサー橋

皆さん、写真撮影に真剣です、「間もなく(ラウンドバッサー橋)です」とアナウンスがあっても
それがいつか分からないのです・・・(私も同じ)

「ああ!あれだ~」とシャッターを押して、その後は静か~
少し~疲れ気味~?


ティーフェンカステルと言うところにつき
そこから専用バスに乗って昼食会場へ行き、その後もテーシュまでバスで観光です。


CIMG0633.jpg


昼食のため立ち寄った街、綺麗で静かなところでした。


CIMG0635.jpg



CIMG0634.jpg



CIMG0637.jpg



CIMG0639.jpg



昼食後(ここからは食事の写真は撮りません)綺麗ですてきな町だなぁ~と、心を残しつつ
バスで、フルカ峠へ向かいました。



CIMG0643.jpg



CIMG0644.jpg



CIMG0646.jpg



CIMG0649.jpg



CIMG0650.jpg


峠は、元気な人がいっぱい、峠を自転車で越える・・・素晴らしいです。


CIMG0652.jpg


フルカ峠につきました。


CIMG0653.jpg



CIMG0662.jpg



CIMG0658.jpg


展望台から、下を覗くと、「あ!マーモットがいる」誰かが、いいました~
どこどこ~~~

見つかるまで、みんなで探したのですよ~。


ma.jpg


ほら!写真を拡大したら、よくわかるでしょう。
ここは放し飼いです。





DSC00128.jpg

(2003.07.07)ローヌ氷河

DSC00130.jpg






CIMG0656.jpg


今年の氷河です、今回氷河観光はありませんでした
衰退ぶりは著明でしょう。(2014.07.13)


CIMG0665.jpg


フルカ峠で一休みして、下り始めました
すると、下の方では列車がやってきました、モクモクと真っ黒な煙
あたかも、煙を見せているようです


列車は見えませんね、大きくしてみましょう
ホラ~見えましたね

なかなか、登ってきませんよ。

re.jpg



CIMG0674.jpg


車窓には、こんな滝が~


CIMG0680.jpg

サースフエーにつきました。

ミシャンベル、アルプス観光
雨が落ちてきて、おまけに30分の観光

坂道をどんどん下って行ったので ”着いていけない” バスに戻りました
(自由行動です)



CIMG0681.jpg


家の土台に積んでる石は「ネズミ返し」というそうです、説明はいりませんね(*'▽')



CIMG0683.jpg


この写真の中央部分に「ドム山」と言うのがあるそうです
天気の関係で、全く見えませんでした。




DSC01914.jpg


テーシュへ着きました
ツエルマットは、電気の自動車以外には入れません

ゆえに観光バスはここで降りて、スーツケースを持って、電車に乗車します
ツエルマットにつくと、ホテルから、電気自動車で荷物を取りに来てくれます

ホテルは、駅のすぐ近くで、歩いていける距離でした。


DSC01918.jpg


ツエルマットへきたら、これを見なければおさまりません。
着いた時には曇っていましたので、見えなかったのですが

20:30 お顔を拝見することが出来ました
そのあと暫くして、夕日が射してきたそうです。





DSC00145.jpgDSC00146.jpg
(2003.07.08)



昼間は、山はまた違った色です。


明日(2014.07.14)は早起きして、スネガ展望台からマッターホルンの朝焼け鑑賞の予定です。


hartline4.gif

COMMENT▼

No Subject

山は涼しそうですね。
こちらのアルプスも入山者が多かったみたいでした。
それにしても暑いです。

No Subject

こんばんは~!
サウナのような我が家とはまるで別世界♪
本当に素敵ですね~!(* ̄∇ ̄*)

マッターホルン中の展望台へ登りましたか

《*´ `*》〃☆;:*:;☆おはよう~☆;:*:;☆
   ∧∧ *。_。))ウンウンღ
と⌒っ゚ω゚)ノ○今日も元気な一日を
      今日もよろしくお願いしますo(^▽^)o

和さん おはようございます

今か今かと待っていたら最後に出てきました。
私も和さんのブログでマッターホルンを
見なくちゃと心待ちにしていました。
本当に迫力あって素晴らしいですね。

No Subject

スイスの風景、海外では(私の中では)一、二を争う好きな風景です。
登山列車にマッターホルン♪

通りすがりさま

山にいる時には、まだ気温が低かったですが
一日に0℃から30℃を体感する日もありました。

でも、湿度が低いので、過ごしやすいですね。

小梅さま

緑がいっぱいで、どこを見ても絵になる・・・
そんな風景がたまりません。

若かったら、スイス・ニュージーランドを渡って仕事をしたい・・・
生まれた時代が早すぎました。

流木庵{え~ちゃん} さま

マッターホルンが見える展望台ですよ。

残念ながら、おてんとうさまにそっぽを向かれてしまいました。

プー太の父さま

お待たせしました
ご機嫌の良いマッターホルンも本日アップしました。

朝日に輝いたマッターホルンに展望台で出会えた時の感動は
値千金です。

さくらつばめさま

スイスは、流石に観光国、交通機関の発達に目を見張るものがあります。
途中で、水の補給をする蒸気機関車まで見せて楽しませてくれます。
緑に赤の列車など、どこを見ても絵葉書のようです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://niwaasobi.blog.fc2.com/tb.php/743-9cbf08ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

老夫婦二人住まい、残り少ない人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと努力しています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。
どうぞ、よろしくお願いします。

あしあと

いらっしゃいませ




ブログランキングならblogram

ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!