FC2ブログ

いいとこ見つけた。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

初めてのマッターホルン

 


 


 自転車操業の私のBlogは、大体毎日『ネタに困っています』


何かをした、これをお話したいと言うものがあるときには


気分は、かなり楽ですが、それが、無い時には、一転フリーズ状態です。


 



 


そこでね、今日は(⌒∇⌒)


朝からTVでマッターホルンをやっています


女優さんほど、説得力はありませんが


マッターホルンなら、私にも、感動の記憶があります。


 



 


 これは、マッターホルンが朝日を浴びているところです


本当は、この写真の下のほうに、10年前の私が立っているのですが


(その下の人のことについては、ご想像にお任せします)


これは(2003.7)私は一人参加です


このマッターフォルンの麓の町ツェルマットには、旅の3日目に入っています


この町は、電気自動車のみ可ですから


駅からホテルまでは、皆 歩きます。


駅を出てからホテルまでは少しあります


緊張と多少の疲れを感じながら歩いていますと


仲間の誰かが「ああ〜〜〜」「あれがマッターホルンですか?」


添乗員「そうですよ」「でも、もう少し前へ行けばもっと良く見えますよ〜」


皆、少し急ぎ足になりました〜マッターホルンは逃げやしない〜〜〜


良く見えるところまで来て、オールカメラマン(▼-▼*) エヘ♪


 


今ですから、私は笑って話せますが


スイスに来ることは自分で選んでいながら


旅の予備知識は殆ど持ちませんでした


 


まだ、昔の仕事の疲れは取れていません


ただ、糸の切れた凧のようにどこかへ飛び出したかっただけなのです


 


旅の動機はちょっと???ですが、記録・写真を撮り


帰国後、稚拙なHPをアップしました。


下の写真は、マッターホルンを北側から見たものです


 



 この山を制覇するには、登山者一人と山のサポータ一人がペアを組み


その費用は、一回が日本円で10万円、所要時間が決まっていて


時間内に登頂できない時には途中で中止、大体この登山断念の時には


登山者はエネルギーが残っているために、よく喧嘩になるそうです


(下山するエネルギーも残しておかなければならないのです)
(2003年の話です)


 



 


ハイキング


 



 


 この写真を見れば


もう、何も言うことはありません


二回目は友人夫妻と私の夫と


 


 


三回目は、次女と昨年一緒に、このハイキングをしました


友達は、また行きたいといっています。


 



 


さて、マッターホルンについては


まだ、沢山お話をしたいのですが


ポッケの中に、もう少し納めておきましょう


次にまた、チャンスがあればお連れしますこの話。


 


 


 


 


 


 ランキングに参加しています
よろしくお願いします 


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


 

COMMENT▼

nemossanさま

はじめまして
 ローテンボーデン駅前から歩き始めましたね。素晴しかったです。
ご訪問ありがとうございました。 

これRiffelbergですね。

この「逆さマッターホルン」って、Riffelbergからの湖ですか? ま、ゴルナーグラートまでの鉄道とは違う場所にもあるらしいんですけどね、「逆さ……」は。

今年の5月にZermattからRiffelbergまで行きました。まだ、雪が溶けてなくて駅付近から出られませんでしたが。

私のブログのヘッダーだけが、その時のパノラマ写真になっています。本文は、2012年元旦、ですけど…

oyajisannさま

こんばんわ
これがたった一つの楽しみです
スイスお気に入りです。
今月もどうぞよろしくお願いします。

今晩は

今晩はいろんな国へ行かれてるのですね
それもスイスは3回も
お気に入りの国なのかな?
今月もよろしくです

岡 夜 ☆ 待 つ さま

こんばんわ
子供のように軽くハイジののりでスイスへ行きました
あの山の頂上で、雄大な360度の風景を見てから病み付きになってしまいました。

「この素晴しい景色を家族の皆に見せたい!」と

そして二回目は50年来の友と殿と、三回目は次女を誘ってスイスへ行きました。
恥ずかしながら、マッターホルンも、現地で初めて知りました。

こんばんは。

何とスイスに3回も行かれたんですね!!!
マッターホルンって知りませんでしたが登頂するのはかなり困難と思わせる険しさですね!
標高も高そうですし?

のえるさま

こんにちわ
文中で
「予備知識が全く無かった」と書きましたが

こんな大きな石の塊、
草の生えていない山

こういうものがあることに驚きました
今はもう忘れましたが、仕事では、かなり勉強をしていましたのでね

私は、このときに、「仕事以外の事は何にも知らないのだな」
と、そういう自分を知りました。
その後に目にしたものは、総て、新鮮に目に映りました。

ひなたおかんさま

こんにちわ
今日は曇天、私は暑い(;´д`)ゞ アチィー!!
と言っていますが
テレビでは、ハーフマラソンをやっています(゜Д゜) ハア??

元気いいなぁ!

どうしましたか?疲れたら、休む勇気は必要ね

アミさま

こんにちわ
テレビを見られましたか?
私は続けて見ていないのですが~~~

私は、俗に言う晴れ女で、大体天気には恵まれますが~~~

二回目は、最高で朝日を浴びるマッターホルンを見てきました。
良い思い出は、心の宝物ですね。

Unknown

マッターホルン 大きいですね!!
(・・*))((*・・)んーん
ワタシは。。。写真下の人物が気になりますw

Unknown

山もいいですねっ

こちらは曇り…あ~、叫びたい…

Unknown

昨日のテレビ番組は私も見ました。
テレビでは最後の日にマッターホルンの頂上が見えたようです。
和さんが行かれた時は天気がよかったようで、
マッターホルンが頂上まできれいに見えていますね。
マッターホルンは写真で見るのも素敵ですが、現地に立つと岩が切り立って迫りくる絶景に魅了されるのでしょうね。
3回も行かれたことは凄いことですね。
和さんのお写真とテレビとで二度マッターホルンを楽しませて頂きました。
ありがとうございました。

ようちゃんばあばさま

おはようございます♪
富士山は、50年前に、夜行列車で通過が多かった泣く
その後、清瀬に二年いて、遠く富士山を眺めましたね。
今年は、うちの殿が登るそうです。
(登ると言っても・・・少しでしょうか?)
日本人としては憧れの山ですから~ね。

スイスの山は、費用が許せば、何でもできるように出来ています車椅子で(勿論サポート付き)
マッターホルンの前の山まで、登られた人も見受けました。

やっぴろえさま

おはようございます♪
初めてマッターホルンを見たのは、一応町の中ですから
「ヤッホー!」はなかったですね。

ハイキングの時も、山の上ではありますが・・・人は多いですから~~~(`∇´ )にょほほほ

日本での山登りのほうが「ヤッホー」の感は強いですよ

定年前に、山に楽園作りと称して、月に二回ほど、皆で通いました
あんな時のほうが、「ヤッホー」でした。

マッターホルン

やっぱり 何度も行きたくなるところ なんでしょうね。
美しいですね~
体力に合わせて離れて姿をみるだけでもいいし ちょっと近くまで歩くのでもいいし 登山でなくても良いんですよね。

そういう点 近いところで 富士山もそうですよね。
新幹線の中から 富士山を はじめてみたとき「わ~」と声が出て 見えなくなるまでクギヅケでした。

Unknown

こんばんは、和さん!

和さんは、
世界中の色々な景色を、
見ておられるんですね~^^
羨ましい限りです。

ところで、叫びました?

何となく、マッターホルンというと、
やまびこを期待ぢて叫ぶイメージが、
あるんですけど^^

それはそれで、気持ちがよさそうです^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://niwaasobi.blog.fc2.com/tb.php/34-140b3626

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

自助努力で、健康状態が大きく変わる世代、人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと頑張っています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。

ポチっと お願い

いらっしゃいませ


スローライフランキング
登録しています。
ぽちっと押していただけませんか

よろしくお願いいたします。




ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

シンプルアーカイブ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR