FC2ブログ

いいとこ見つけた。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

一緒に卒業しよう。

いらっしゃいませ


昨日の続きです。
あれは、専門学校2年生GWの後だったと思います。



この子は男の子、成人式を終えたばかりでした。
この子(A君)は他県にある実家から離れて一人、学校の近くにアパートを借りて生活をしていました。
実家からきちんと学費は送金されていて、学業だけに身を入れておけばよいという存在でした。(幸せな人です)
勉強だけして置けばよいと言うありがたい待遇を受けていますが、それは〜その勉強が大変だったと思います。
私は、40歳で通信制の高校で数学2Aや物理を学び、次の進学でも、物理を学んでいますので、入試程度の数学は危うくも、出来たと思います。
でもね、このA君は、算数すらも危うい・・・因数分解はおろか、通分も出来ないのです。人のことは言えないけど(学校も、よく通したものです)。



家族は、父(自衛官)・母(無職)・本人・妹の4人です。
妹は成績優秀、親は妹を可愛がり、かなりの差別を受けていたようです。
家でも、勉強は殆どしていないのではないかと思うくらいでした。
でも、A君には、きちんと躾がされていて、礼儀正しいし、何よりも生活能力が優れていました。仕送りのお金で、きちんと生活をし、学校も遅刻はありませんでした。


ただ、学力が低いことは、学校では問題です。仲間にも甚振られます。
若者たちは、容赦ないですね、「数学が出来なければ、黒板の前に出ろ・・・」
前に出たって緊張して、なおわからないですよね〜(今だから言うけど・・・バカヤロウ!・・・クラスメイト)
いろんなことがありながらも、再試をうけながら〜二年生になりました。
二年生は就職がもう決まるときです。勢い緊張も強まります。
GWの後の学校は大きく動き出します。この学校では大きな科目の実験が始まります。
GWが終わった翌日、A君の姿が見えません。(その訳がわかるには、時間はかかりませんでした)
このままにしていたら、彼は帰ってこない、教師も手をこまねいているようですから〜〜〜、よし、「A君と一緒に卒業しよう・・・」ここからは昔とった〜なにやら〜
ずっと一緒に学生をやっていると、彼が今、何を考えているか、どんなに苦しんでいるか、手に取るようにわかります。
授業が終わって、担任に会いました。担任に彼の事情を話して、ここままではかれはもう帰ってきません「休み前に、行われたテストの成績が良くないのです」大きく失望して、自分では、もうどうにもならなくなっていたのです。
この状況も担任に話しましたが、応えは無。同僚が心配していると言うジェスチャーを示して下校しました。



彼の自宅の電話番号はクラスの名簿でわかります。
自宅から電話をしました。元気でいるのを確認して「あなたは私の前の席、私はあなたがいないと寂しいよ」と、それだけ声かけ、「明日は出てきてね〜」電話をバイバイ


翌朝、「帰ってきたよ〜」笑顔です。
それからの学習は実験の時間は、同じグループ、後ろで少しずつカバーをしながら、実験レポートは、その晩に自分のものを書き、翌日には彼に回して、二人とも、早期提出で、点数を稼ぎました。プログラムもそろって提出、テストだけは、彼のほうが回数が多かったでしょう(笑)
そうこうしながら卒業式が終わりました。


今、どういう生活をしているのか知る由もありませんが、あの子はきちんと生活が出来る生活能力と生活の基準、上品な躾が見えていました。通信のことが出来ているかどうか?(¬o¬)----☆ 怪しい・・・ですが、立派に生きていけると思います。
何と専門学校情報通信工学科卒業ですから〜〜〜。実力は勿論大切ですが、苦労してでも、学校を卒業しました。


 


「在校時に担任が、何か書くチャンスがあったら、ありのままを書いてください、親御さんたちは学校で子供たちが、どうしているかなど知らないのですから〜」と言っていられたことを思い出し、もう書いてもいいだろうと思って書きました。


 



 


最後まで、お付き合いありがとうございました。
明日もまた、覗いて下さいね、お待ちしています


ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログをblogramで分析
↑よろしく
お願いします




COMMENT▼

さくらつばめさま

こんばんわ
そうですねぇ~、羨ましいと思うことがありますね。
本人と親御様のことを思ったら、手を出さずにいられなかったのです。
私は、ずっと人に尽くすことばかりの人生でした。
ただ一度だけ、どういうわけか?赤点を取ったことがあります。
それも得意分野で、あの時に手伝ってくれた人がいて、感激しました。このごろは皆に守られています。ありがたいことです。

通りすがりさま

人に教えると言うのは、大変ですね。
自分が噛み砕いていなければいけませんから、何倍も努力が要ります。

頑張ってください。

こんばんは♪

自棄になりそうなときに、ふっとそういう支えがあるのって、やっぱり元気が出るし、嬉しいと思います。
私はそういう経験をしていないので、彼がちょっと羨ましいかも。

まあ、そういう支えを受けられるのは、普段の彼の仁徳もあるとは思いますが

Unknown

教える事、学ぶ事難しいですね。
事業所の教育担当として業務が特殊なので教えるのに頭が痛くなる事もしばしばです。

ようちゃんばあばさま

生活能力のない人は多いですね。
過保護な子育て、塾通いで躾なんか出来ない・・・

現代の人はよくわかりませんが、
ゆっくり話してみれば、皆、戸を開けて救出してくれるのを待っているのかもしれません。

岡 夜 ☆ 待 つ さま

こんばんわ
今、思えば当たり前に~転がってきた問題。
看護と思えば、こんな楽な仕事はありません。
兎に角、卒業できてよかったですよ。
健康な人ですから~

人とのかかわり

一歩踏み込んで人とかかわることを 恐れる時代になってきましたね。
和さんのような人がひとりいるだけでも 学校はずいぶんかわりますね。
またその若い同級生の方のように しつけがちゃんと行き届いて 生活能力のある人も 減ってきました。

こんばんは。

親子ほど年が離れた同級生だと、
恋物語にはならないでしょうけど、
何かときめく感情って懐かしいです。
昔は同級生の住所や電話番号を書いた名簿が存在しましたね。

ぴえろさま

私は、体がでかい~いや、ちょっと態度がでかいかも~
1000人以上いる中学校で、私が全校の週番長になったら、学校が一週間、きれいになったと言う噂がありました≧(´▽`)≦アハハハ
でも、繊細さも一寸だけ持ち合わせています。

ブタフィーヌさま

ブタフイーヌさんも誠心誠意、他国で関わっていらっしゃる、きっとそれぞれの心に愛をインプットしていると思いますよ。

demioさま

こういうことを思い出すのは、老いたせいですかネ
娘が医療にいて、まだ、こういう話がありません。未熟だから、ばかりではなくではなく、世の中がそこまで人に関わらないようになったのではないかと思います。

舅が「あんたに命を助けてもらった」と、感謝の言葉を残して、数年後に逝きました。
私は、こういう経験を沢山持っています。
一つ・二つ残しておきたいと思いました。

プー太の父さま

人ってそばにいれば、言葉がなくても通じますね。

この子の場合、自宅まで、初めてクラスメートから電話がかかって、お母さんのような人から「あなたがいないと寂しい」・・・と。

こういう言葉をもらって、私なら~嬉しいですもの。

やっぴえろさま

私は、中学を出てから家を出ているし、女の子の末っ子で、周りに可愛がられていますから、極楽トンボ
可愛そうな人には、とっても優しいです。

怖いもの知らずで、失敗を重ねながら、のびのびと生きて来ました。(笑)

Unknown

お早うございます。

温かいお話でした。
やはり、和さんはただ者ではなかった。
今は社会人として立派に成長され
和さんのことは一生忘れないと思いますよ。

和さんも色んな経験されたのですね。
多くの経験は多くの学びがあり
得をした人生だと思います。
感謝ですね。

Unknown

おはようございます。

朝から、心温まるお話を聞かせていただいて、私も元気をいただきました^^
今日はまた、日中女子会があるのですが、私も精いっぱいできることをがんばらなくちゃ!
和さん ありがとう(*^_^*)

若かりし頃…(^O^)

お早う御座います。
若い時の出来事を想い出すって事は・・・・?
私も最近やたらと若い頃の事が、想い出される事が御座います。何故かな~~~~と考えた時、簡単でした老いて来たからでした。
前に前に進んでいる時は振り返る暇も無かったのに・・・。

おはようございます

朝からいいお話ですね
和さんのほんの少しの言葉に、優しい気持ちが
いっぱい詰まっていたのですね。

Unknown

こんばんは、和さん!

少しお姉さんで、専門学校の学生だと、
色々な経験をするものなのですね。

その同級生の卒業に助力だきたというのは、
後味のいい思い出でしょうね。
さすが、和さんです^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://niwaasobi.blog.fc2.com/tb.php/144-80f47fb3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

自助努力で、健康状態が大きく変わる世代、人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと頑張っています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。

ポチっと お願い

いらっしゃいませ


スローライフランキング
登録しています。
ぽちっと押していただけませんか

よろしくお願いいたします。




ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

シンプルアーカイブ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR