いいとこ見つけた。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

二つの発見

今日の気温は9℃~13℃、雨です。

暮れだからか、老齢だからか~~~
家事が済んで、年賀状書きを始めましたが、ちっとも落ち着いた気持ちになれず・・・

ダウンちゅうの亀殿を炬燵へ移動させて、プールへ行ってきました


CIMG2766.jpg


火曜日あさのプールは、休み明けでストレスのたまった老人方の多いこと
一番端のウォーキングコースでは、大勢の方の反時計回りの長い輪ができています。


多くの場合、ここの方たちは足は痛かったり、腰が痛かったりです。


中の数列のコースでは、それぞれに泳ぎ


私は、一番端の自由コース(3コース分くらいの広さです)







ロング目的の時には
午後の人が少ない時間を選んでいきますが、この時間は人が多くて・・・


さて、何をしよう???


今朝は、頭がさえないで~ボケ初めかな・・・と思うほど、鈍い働きをしていた頭

プールへ来たら、少しだけ回転を始めました



先日、「ネットで水泳の勉強」をやっていて、今日の課題を見つけていたのを思い出しました
「長い距離を楽に泳ぐ方法」

こんな言葉を検索すると~それなりの資料が出てくるのですよ


私は確かァ~一時間で1500mですが、一時間で3000mを泳ぐ人もあるとか~
そんなぁ~無茶な、私が一時間に3000m泳ごうと思ったら


今の二倍の速さで行かなければ、なりません、無理・無理
出来ないものと思っていました。


先日のロングの泳ぎ方の所で、呼吸時に、左手を伸ばして、その腕の上に(というか肩に)
自分の頭を載せるーーーというのがありました


これは自分ではやっているつもりでした・・・が、ちょっと違う?




何度かやっていて・・・ぐうっと左手をもおっと向うへ伸ばしてみました
(この姿勢は、姿態が伸びるのですね)


コレコレ~


これでェ、僅かですが、頭の向こうからの水に対しての抵抗が減るのですね
上手く説明ができませんが、これもスピードアップの一因になると思うのです



そんなこんな~
いろんなところに、技術のアップ次第では、スピードアップがあるのではないか?


「もう出来ない」とあきらめることは早いのではないかと思いました【発見一】




クロール習得の場合、200mを泳げるところまでの教育が初心者用
それから先 中級
上級

と、ありますが、私は知らぬ間に上級者の練習をしていたのです


500mを泳げる様になったらいいねとか1000m泳げるようになったらいいね・・・

時々出てくる仲間の話を耳にして、自分だけ、どんどん先へ進んでいたのです



一人でやっているのですから、誰と競うでもなし、当然話し合う人もなし
このロングスイミンスについての指導者もありません


強いて指導者を探すなら~ねっと先生です。


定年退職後パソコンなんかに執着していて良かった
ネットは私のお師匠様。やってい本当に良かった【発見2】

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

老夫婦二人住まい、残り少ない人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと努力しています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。
どうぞ、よろしくお願いします。

あしあと

いらっしゃいませ




ブログランキングならblogram

ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!