いいとこ見つけた。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

田舎の風景


 


娘のところへ行く時に、いつも通る道ですが


畑の風景がとっても好きなのです。


私の母の里は、ここから車で一時間ほどの山奥です


やっぱり私は根っからの田舎ものですね


 



 


 


この畑の風景、素敵でしょう


二毛作で、次は麦が並ぶところです


何度も自分の住む町、隣町の畑を見ても


こんなに綺麗なところはありません


 



 


このごろは、少しずつ環境も変ってきて、この平野の周りには


工場ができたり、アパートが建ち始めたり


道路際には、産直も出来ました


 



 


少しずつ、変化が出ていますが


この畑は変りません


ここには、椎茸つくりで日本でも名高い人がいられるとか


他の農業にも素晴しい指導者があるのではないかと思っています


(ちょっと興味があります)


 



 


 ここは、【山見】と言うところです


母の里から30分くらいでしょう


私が幼いころよく耳にした名称です


古い話ですが、私がその話を耳にしたのは60年以上も前のことで


母の思い出は100年も前のことです


土地名だけ覚えていましたが、話の内容は全然記憶にありません


このような畑が、100年前はどうだったでしょう?


 



 


昔から、稲刈りの後には、こうして道端に立ててあったでしょうか


これは、しめ縄になるのだそうです


 



 


下の写真の子達は、地域の子供達だと思うのですけど


昔は、子供も少なかったでしょう


母の里は、昨年無人になってしまった山奥ですが


冬には雪が4mも積もったそうですよ。



そしてね、母は私に自分が走るのが速かった「何時も一番だった」と言いました


すかさず、何人で走った?(私)   「二人〜〜〜」と母が応えます


o(*^▽^*)oあはっ♪


 


そんなことをちょっと思い出しながら、走ってきました山の中


 



 


 写真の左側にシルバータウンがあります


最近は若い世代も募集しているようですが


まだ、少ないです


 



 


先ほどの広場につながる公園です


亀千代を芝生で遊ばせていたら、管理人さんらしい人が


ここは、もう少し気温が下がってくると、「葉が真っ赤になります」と教えてくれました


10年くらいここへは通っているのですが


わざわざ〜公園へ来ることはありませんでしたァ〜


(何しろ、ここへ来る時には庭仕事ばかりですから〜)


 


今年は必ず公園の紅葉を見ようと思っています。


 



 


 午後、こそっと亀千代の目を盗んで、家から5分の医院へ行ってきました


検査の結果は、全く異常なしで〜


「腰からきているのでしょう」Dr


前のレントゲンで、腰椎が曲がっているのはわかっていますが


痛みも何もありません(老化が進んでいるのでしょうね)


【これからどうするか】自分で考えなくちゃ


 


水分の排泄がよくなるように、漢方薬を買ってきました(お茶です)


ボツボツ観察していきましょう。


 


 


 
 よろしくおねがいします
 

にほんブログ村
 
 
 

 

COMMENT▼

Unknown

しめ縄用のわらですか。
父は正月飾り作りが得意でした。
今教わっておけばと思います。
ハゼ掛けで自然乾燥をしたお米の方が美味しい様な気がします。

岡 夜 ☆ 待 つ さま

最近は少しだけ竿に干してある風景を見ますね
それなりに次の製品になるのでしょう

藁の上で遊ぶ・・・ハイジを想像しますね
男の子はペーターでしたかね。
懐かしいです。

ブタフイーヌさま

宝くじ・・・買いますか?
私は買わないのですよ

田舎は、私達もキャンピングかーのようなつもりで
手にしました、ぼろ家です

でも、今はコレでよかった、病院に近い、自分の家が残っているので安心です。

demioさま

こんばんわ
全然知らないところ~~~社交的な人には良いですが

2・3年レンタルして住んでみるという手もありますよ
田舎は不便ですから~

やっぴろえさま

こんばんわ
今日は、急に山に来て作業をしましたので、遅くなりました
今のうちに出来ることをしておかないと
春には、ガーデニングフエアなんかあって、皆さんが見て廻られるのです。
ここはシニアタウン、そういうところなのです。

母の話をしていると、母がそこにいるように思います
もう、45年も前にお星様になったのに~

私も子供の心の中に、こんな風に~~~残らないでしょうね。

こんばんは。

昔からと言うか昔は稲刈りの後に道端に藁を束ねて立てていましたが、
今では全く見なくなりました。
公道でするのは違法ですしね。
子供の時は藁を沢山重ねた上で良く遊びましたが、
それも今は昔の話になりました。

Unknown

和さん おはようございます。

都会は生活するには、便利だけど
自然がある田舎で、のんびり暮らしてみたいです^^
宝くじでも当たったら、引越しも夢じゃないけど(笑)

ボチボチ

お早う御座います。
私只今思案中・・・全然知らない山村に移住しようかと迷って居ります。
都会は何かと便利ですが…残り少ない人生を静かな所で終えたらいいかな~とね。
友人曰く、直ぐに都会に戻りたくなるよだって・・・。

Unknown

こんばんは、和さん!

お母さまの、駆けっこのお話、
とてもほのぼのしていて、
なんとなく気持ちがホッとしました。

景色は少しずつ変わっても、
お母さまの思い出は、変わらないのですね。

道路わきの藁は、
しめ縄になるんですか、
面白いですね。

こうやって、少し天日に干すのかな?

お祝いのメッセージありがとうございました。
改めて、今後ともよろしくお願いしますね^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://niwaasobi.blog.fc2.com/tb.php/107-6a0410b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

老夫婦二人住まい、残り少ない人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと努力しています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。
どうぞ、よろしくお願いします。

あしあと

いらっしゃいませ




ブログランキングならblogram

ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!