いいとこ見つけた。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

嬉しいことから~

今日(6/8)の気温は21℃~24℃
若は昨夜夜遊び、徘徊をして、ご寝所である炬燵の外で寝ていました

室温は23℃ありましたので、良かったですが、寒そうでした
若も、自宅に帰ってきて、思いっきり徘徊、走っています。


DSC02538t.jpg


旅の記録を書くには、多少振り返りと検索の必要がありそうで
簡単にいかなり能力なりよ~~~

今朝見つけた嬉しいことから~です

ホラ上に出ている枠外の葉
これは黄色のクレマチスです

昨年植えて、花を一個つけて、沈んでいました
先日、小さな先端を見つけて、せっせと管理を居ていたら~伸びてきました
\(-o-)/ 


DSC02539.jpg


これは、黄色の千両、昨年は実をつけていません
思えば~全体にここは肥料が足りなかったような気がします。


DSC02541f.jpg


挿し芽で続く、ゼラニウム、液肥で叱咤激励されながら
老人二人の家の玄関先を飾っています。



**********




みちのく三大半島の旅 二日目  (旅のメニューはここです)





(6/3 二日目)の観光は12湖から始まりました
おてんとうさまが少しだけお顔を出されて~というような天気です

動機が「良い加減」であったせいか~全くついていません。
(悪天候は減点ですね)



CIMG2372t.jpg




CIMG2169.jpg



CIMG2153.jpg



少しだけ汗ばみながら~ひたすらに青池を目指して足を前へ運ぶ・・・
つきましたぁ~この青は、綺麗でした
(手元のメニュー表には神秘的なコバルトブルーの青池と書いてあります)

でも、この色が、この池がなぜ青いのかは、まだ解らないそうです


この池を背に上へ少しだけ登るのですが
旅にはいつも常備する、折り畳みの杖は、バスの中(´ヘ`;) う~ん・・・

そこらの棒切れを拾って杖に・・・
昔、低いお山に、毎週のようにお仕事で登った時に、覚えた業

棒を拾って杖にする(楽ですよォ~)



CIMG2157.jpg


CIMG2371t.jpg




青池


CIMG2174.jpg



【12湖駅から深浦】という駅まで、JR五能線、海岸沿いを走ります

小さな、12湖駅のホームには、複数のツアー団体客でいっぱい
普通は多分一両?「二両になりました」ということでしたので、増やしたのでしょう

写真を撮る気にもならなかったので、写真がありません
今回は、テンションが上がりません。



CIMG2177.jpg


深浦で昼食ちゃんちゃん焼定食

バスガイド氏のガイドでは東北の食事は「素のもの」ということでした
飾らないということでしょう

でも、何となくこれは変わり映えのしないものでした

「空腹は最高の調味料なり」
誰かさんのお言葉にありましたね、それはそれで良いでしょう

定食の他に有料でウニがあったようです\1000ナリヨ
私はいただいていません


そこを出てバスへ戻る途中の露店で一個\500のウニあり・・・価格は相場ですね(*'▽')


CIMG2178.jpg

CIMG2180h.jpg



千畳敷海岸 ここで観光してね
このあたりは、夏が良いでしょうね、兎に角寒くって~~~ネ

私は、こんなこともありか?と、ダウンのベストを持っていましたが
皆さん、暖房のようぐはなかったようですよ

旅行の前に、ずっとネットで気温を追っていたのですが
殆ど、高温でしたからねぇ~







竜飛岬

竜飛崎は、青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜にあり、津軽半島の最北端、津軽海峡に突き出た岬です。



CIMG2373t.jpg

CIMG2374t.jpg

CIMG2375t.jpg


CIMG2376t.jpg
(津軽海峡冬景色 歌碑)


6003.jpg
(国道階段 下から)


気温は5℃、小雨の中の観光
私は上でバスからちょっと降りて
(頂上からは、北海道が見える予定のところ、視界は不良、周りは見えません)


階段を歩いて降りた方もありましたが
足元が滑りそうなので、バスに乗って、階段下まで来ました
国道階段です。


秋田県の男鹿半島から青森県の竜飛岬まで行って
今来た道をまた鰺ヶ沢まで戻る行程

この日はざっと走行距離は360㎞
バスの中で、居眠りあり・ガイド氏の折角の説明も

右の耳から左の耳へ通過、歴史に疎く、教養のなさをちょっとだけ(。-дノ【反省】の私
でも、説明中は申し訳ないので、上の瞼と下の瞼がくっつかない様に

気持ちだけはしっかりと~~~学生のように~(笑)
でも、直ぐに忘れてしまうのです

やはり嫌でもしっかり写真を撮ってくればよかったと
今(。-дノ【反省】をしています。

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

老夫婦二人住まい、残り少ない人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと努力しています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。
どうぞ、よろしくお願いします。

あしあと

いらっしゃいませ




ブログランキングならblogram

ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!