FC2ブログ

いいとこ見つけた。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スイス旅 7 (ユングフラウ観光)

午前/アルプス5大名峰、ユングフラウ観光。
絶景列車 ユングフラウ鉄道にご乗車頂き、標高3,454mのユングフラウヨッホへ駅へ。
◎スフィンクス展望台からは
【世界遺産】アレッチ氷河やアイガー、メンヒ、ユングフラウを望むすばらしい眺望を楽しみ
◎氷の宮殿にも。

絶景ハイキングへ!「アイガーウォーク」と呼ばれる人気ハイキングルートへ。
アイガークレーシャー~クライネシャイデック間のハイキングへ。
天気がよければ逆さアイガーが見える。

下山後、自由行動。アイガーの麓の村で、お買い物や散策など、思い思いに楽しむ。

以上、本日(7/16)の予定

hartline4.gif


何度行っても、簡単には覚えられない高齢者、とうとう地図を持ってきました
(最近使う安物のプリンタはコピーだけしか仕事をしない)

この地図は良くわかります。
地図、上の方のアイガー(3970m)から下に目を落として、「グリンデルワルド」という所

ここが、この日のホテルです

今日の行程は、グリンデルワルドからユングフラヨッホ迄鉄道、道中トンネルを通ります。



山はすぐそこにありますが、見る場所によって形が違いますので
なかなか理解できません

map_jungfrau.jpg




hartline4.gif



旅行から帰ってきて、素晴らしい~と言う天気が一度もありません

それでも、気強く、この写真アップが終わるまで、頑張ろうと思っていましたが
とうとう、風邪様の症状で意欲をなくしてしまいました

怪しい?と思った時に旅行前に頂いていた薬で、かなり良くなっているのですが
やる気が出ません

また、病院へ行って事情を話して、風邪の治療の続きを開始・・・

・・・・

まぁ~多くの人が、この季節体調を崩していらっしゃると思いますが
無理のないように頑張りましょう。

降ったりやんだり、外はサウナのように暑く
こんな気候で快調な人なんて、そう、多くはありませんよね。



hartline4.gif



DSC02070.jpg


↑ ホテルの部屋から見えるアイガーです。(右側)



DSC02073.jpg


ホテルレストラン横の広場からユングフラウ(4158m)が見えます。

今日は、このホテルを出発して、電車でユングフラウの麓を走り
途中で乗り換えて、今度はトンネルをくぐって


・・・・展望台まで行きます。


今日の写真は電車の終点まで
後の氷のトンネルなどは、また明日アップします、ね。


DSC02082.jpg

グリンデルワルドの駅からこの電車で、クライネシャイデックまで素晴らしい自然を見ながら登ります


DSC02081.jpg


自分で見て噴き出した写真ですが、これ私です。
首からいろいろなものが下がっていますが

この衣装は、速乾性の長袖シャツの上に薄い半袖のチュニック
パンツはハイキングがありますから、下にサポート下着とベージュ登山用のパンツ

ピンクのブラブラはカメラ、黒いのはウエストポーチ


そして~人並みに襟が開いているのでお洒落なスカーフを巻いているつもりです
でも、これって乞食スタイルアハハ

そうそう、背中には、ダウンの上着とその上にも着れる雨具用のショートコート
ストック・お茶・飴玉・雨傘・手袋

重い荷物になりましたが、皆必要でした

日焼け止めはありません、気持ち悪くてつけていられません。




顔見せが済みました~(はぁ~見たくなかった(´ヘ`;) う~ん・・・)
昔は可愛い顔をしていたのですけどね(子供はみんな可愛い)



さぁ~電車に乗りましょうか?


CIMG0776.jpg



向かって左にユングフラウが見えます、地図では遠いように見えますが
実際はすぐそこにあるように見えます

クライネシャイデック


CIMG0777.jpg


CIMG0785.jpg


CIMG0791.jpg


CIMG0792.jpg


CIMG0796.jpg


CIMG0799.jpg


CIMG0802.jpg


↑ クライネシャイデックに着き乗り換えました

風景をお楽しみください


白いところがだんだん多くなります。
そして、スイスの技術を誇るトンネルに入ります。


CIMG0806.jpg


CIMG0808.jpg


CIMG0809.jpg


CIMG0810.jpg


CIMG0812.jpg


CIMG0815.jpg


CIMG0816.jpg


CIMG0818.jpg



CIMG0819.jpg


↑ 涼んでいただけましたか?
ぼんやりと外を眺めている間に、トンネルに入ってしまいました。

ここは中間駅
ここで5分間停車です

この5分間を惜しんで、窓から見える外の写真を撮りに多くの人は行きます。
(私も行きました)

ぐんぐんと標高が上がっているために、もう寒さがを感じます。
それから、酸素濃度も低くなっていますので

動作は出来るだけ緩やかに、大声や走ることなどは禁物です。



5分経ったら、発車の合図が合って、終点に向かって電車は発車しました。
今日は、ここでね(@^^)/~~~


hartline4.gif

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

自助努力で、健康状態が大きく変わる世代、人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと頑張っています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。

ポチっと お願い

いらっしゃいませ


スローライフランキング
登録しています。
ぽちっと押していただけませんか

よろしくお願いいたします。




ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

シンプルアーカイブ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR