FC2ブログ

いいとこ見つけた。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

2013 北の旅 3



北海道横断 鉄道の旅


札幌から〜富良野〜知床〜釧路5日間


第三日目


 



 


 ホテルから見た風景


 


 


このホテルを出てバスで上川駅まで来ました。


(私たちは列車に乗ります、バスは先に網走へ行っています)


 



 


 


 


今日の乗り物はここから初まります。


 


上川はスキーの高梨沙羅ちゃん、五輪を賑わせた原田さんの出身地だそうです。


 


立派な駅の看板ですね、こういう文字が好きです。


看板の横の人は、私ですが


わけあって拡大不能です。


ちなみに若いころ158gmの身長が今は154cmしかありません。


 


 


というわけですが


看板のクマは伊達ではありません。


この日は、クマやシカが見られるかもしれないという話でした。


 


 


 



 



 


 



 


ここ上川駅からJR石北本線【オホーツク1号】 網走へ 



 



 



 



 



 



【網走】(網走監獄)


監獄の観光はありませんが、今回の旅行では、ガイドさんの「監獄での話」は


心に残った物の一つです。




リンク先、監獄秘話を読んでください。


昔から、行われていたと思いますが、人が人を殺す


しかも自由を奪った監獄内で、(その日の看守の気分で殺した)・・・とか


(・・・)の部分はガイドの話で知りました。


北の大地の開発のために、残酷なことがいろいろあったようですね




鎖塚は、有志の働きかけの後で


「死んでからも塀の中では可哀想だから」と、外に作られたそうですね















この長い道路16kmあるそうです。










今、あちこちで咲いていましたルピナス。













【世界遺産 知床観光と観光船】







右端 カメシマです。





知床旅情


 


知床(しれとこ)の岬に はまなすの咲くころ
思い出しておくれ 俺たちのことを
飲んで騒いで 丘にのぼれば
遥(はる)か国後(くなしり)に 白夜(びゃくや)は明ける


 



 


今回のガイドさんは素晴らしい人でした


最後の日に、15名の中の一人(男性の方)が


この曲をガイドさんのためにハーモニカで演奏されました


それに伴ってみんなで合唱しました。


 


普通はガイドさんが歌を歌ってくれるのですが〜


今回のバスでの歌は、みんなで歌ったこの曲が一曲だけでした。(笑)


 


 

 


森重久弥さんは、ここで映画を撮られたそうです。


現地の人たちがエキストラ他いろんなことも一緒になって・・・


 


この中で海難場面があったそうで


その場面を取るときに森重さんは町長さんに、この場面を撮らせてほしいと頼み


町長は、これだけは返答に困ったそうです。


なぜなら〜この地の人が〜その前の年に60数名の人が事故にあい


関係者のそれぞれが傷ついていることを町長は知っているからです。


 


 


すると町民が


「町長、森重さんがみんなに頭を下げているじゃないですか、私たちもやりましょう」


その一言で、話が決まったそうです。


 


その時の海難の様は東北の地震そのものだったそうです。


 










遊覧観光が終わりました。 







 鮭が最後に戻ってくる川







車窓から見える森の中


このあたりは、「熊か鹿がいるはず」


熊がいれば、鹿はいない(危険ですから)


ゆえに〜鹿がいれば熊はいない


 


バスの中から、みんなキョロ (・.・ )( ・.・) キョロ


 


いたのですよ〜暫く走って二匹のクマ、別々に




それから〜しばらく走って鹿二頭、これも別々に


 





ほら! いたでしょ。




ここは山の中ですけど、道に車がとまっていると、ガイドさんが「車が止まっている何かいる?」


するとみんなでキョロ (・.・ )( ・.・) キョロ


工事をしてる


「何だ、工事か」そこを通過




また走る・・・


車内で「クマがいる・・・」真っ先に見つけたガイドさんの声


車は徐行




こんな感じで峠を越え


クマ二頭・鹿二頭を見た、ラッキーな観光客だったようです。






感動しながら、知床五湖へつきました。是非リンク先をご覧ください。










知床五湖散策









ずっと向うまで木道がありましたが、私はみなさんの足についていけません。


一湖だけを見て、後はバスで待ちました。











ホテルの窓から。






にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

自助努力で、健康状態が大きく変わる世代、人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと頑張っています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。

ポチっと お願い

いらっしゃいませ


スローライフランキング
登録しています。
ぽちっと押していただけませんか

よろしくお願いいたします。




ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

シンプルアーカイブ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR