FC2ブログ

いいとこ見つけた。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

この人の思い出。

    


いらっしゃいませ


 


 


家を建てると、10年ごろからいろいろありますね。


山の家も、次々に故障


屋根・壁・エアコン・二機・冷蔵庫・風呂釜(今回)


 


 


今日は、ガスやさんを私の地元から呼んで


風呂釜を新調することにしました。


今日、山の家で、そのガスやさんにあったのです。


今日のテーマ【この人の思い出】はこの人です。


 



 


このガスやさんは、地元に昔からある、町の老舗です。


私が初めてであったのは、この人が6歳くらいの頃(長男と同年)


 


 


彼の家は旧国道、道路に沿って立ち並ぶ商店街の中にありました。


 


走って飛び出せば、事故は・・・そういうところです。


 


私は当時、現地の病院の外科外来に居ました。


 



 


この子のお母さんは、町でも1・2を争うような綺麗な方でした。


思い出の始まりは


 


 


ある日、この子が車に跳ねられて、外科へ連れてこられました。


傷は軽いものでしたが、外来へ来たのはやはり交通事故です。


 


子供さんが病院へ連れてこられ、やがて親御さんにも伝わり


お母さんが来られました。


 


診察中で、Drの前にお子さんが、座り周りに3人のNsがいました。


子供は泣いていません。


 


 


そこへ〜


どかどかと、急ぎ足のお母さんが来られて


連れてきた、運転手に向かって


「アンタ、どこ見て運転しよったとね」


大きな声で怒鳴られました。(オニ)




母親ですから気持ちはわかりますが









シーン











後で、「アジャー、美人台無し」


と、言ったのは、美人好みのDr


 


このDrには私は18歳当時に、このDrがインターンで、出会っています。


(これも思い出ね)


当時、現場の病院では,Nsとインターンはnsのほうが上でした。


いろいろ、尋ねられる事を教えますが


若いインターン(数名)とNsは仲良しでした(若いNs ダラケ)


 


 


それから、何年?12年後くらいかな


私が、その病院で働くことになりました。


初日にあいさつに回るのですが


そのDrは処置中でした


(忙しいので、仕事中でも挨拶をします)


 


 


私は、Drの近くで「○○です・・・」とあいさつをすると


Drはふっと顔を上げて


 


 


「アンタ ○○病院にいたでしょう アハハ 声でわかったよ」




そこから、当時の関係は逆転しましたが


楽しく仕事をさせていただきました。






悪いことはできませんね「声でわかった」なんて〜




このガスやさん(社長)に会うことはあまりありませんが


会うたびに、思い出しています。


 


 



にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

自助努力で、健康状態が大きく変わる世代、人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと頑張っています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。

ポチっと お願い

いらっしゃいませ


スローライフランキング
登録しています。
ぽちっと押していただけませんか

よろしくお願いいたします。




ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

シンプルアーカイブ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR