FC2ブログ

いいとこ見つけた。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

一緒に卒業しよう。

いらっしゃいませ


昨日の続きです。
あれは、専門学校2年生GWの後だったと思います。



この子は男の子、成人式を終えたばかりでした。
この子(A君)は他県にある実家から離れて一人、学校の近くにアパートを借りて生活をしていました。
実家からきちんと学費は送金されていて、学業だけに身を入れておけばよいという存在でした。(幸せな人です)
勉強だけして置けばよいと言うありがたい待遇を受けていますが、それは〜その勉強が大変だったと思います。
私は、40歳で通信制の高校で数学2Aや物理を学び、次の進学でも、物理を学んでいますので、入試程度の数学は危うくも、出来たと思います。
でもね、このA君は、算数すらも危うい・・・因数分解はおろか、通分も出来ないのです。人のことは言えないけど(学校も、よく通したものです)。



家族は、父(自衛官)・母(無職)・本人・妹の4人です。
妹は成績優秀、親は妹を可愛がり、かなりの差別を受けていたようです。
家でも、勉強は殆どしていないのではないかと思うくらいでした。
でも、A君には、きちんと躾がされていて、礼儀正しいし、何よりも生活能力が優れていました。仕送りのお金で、きちんと生活をし、学校も遅刻はありませんでした。


ただ、学力が低いことは、学校では問題です。仲間にも甚振られます。
若者たちは、容赦ないですね、「数学が出来なければ、黒板の前に出ろ・・・」
前に出たって緊張して、なおわからないですよね〜(今だから言うけど・・・バカヤロウ!・・・クラスメイト)
いろんなことがありながらも、再試をうけながら〜二年生になりました。
二年生は就職がもう決まるときです。勢い緊張も強まります。
GWの後の学校は大きく動き出します。この学校では大きな科目の実験が始まります。
GWが終わった翌日、A君の姿が見えません。(その訳がわかるには、時間はかかりませんでした)
このままにしていたら、彼は帰ってこない、教師も手をこまねいているようですから〜〜〜、よし、「A君と一緒に卒業しよう・・・」ここからは昔とった〜なにやら〜
ずっと一緒に学生をやっていると、彼が今、何を考えているか、どんなに苦しんでいるか、手に取るようにわかります。
授業が終わって、担任に会いました。担任に彼の事情を話して、ここままではかれはもう帰ってきません「休み前に、行われたテストの成績が良くないのです」大きく失望して、自分では、もうどうにもならなくなっていたのです。
この状況も担任に話しましたが、応えは無。同僚が心配していると言うジェスチャーを示して下校しました。



彼の自宅の電話番号はクラスの名簿でわかります。
自宅から電話をしました。元気でいるのを確認して「あなたは私の前の席、私はあなたがいないと寂しいよ」と、それだけ声かけ、「明日は出てきてね〜」電話をバイバイ


翌朝、「帰ってきたよ〜」笑顔です。
それからの学習は実験の時間は、同じグループ、後ろで少しずつカバーをしながら、実験レポートは、その晩に自分のものを書き、翌日には彼に回して、二人とも、早期提出で、点数を稼ぎました。プログラムもそろって提出、テストだけは、彼のほうが回数が多かったでしょう(笑)
そうこうしながら卒業式が終わりました。


今、どういう生活をしているのか知る由もありませんが、あの子はきちんと生活が出来る生活能力と生活の基準、上品な躾が見えていました。通信のことが出来ているかどうか?(¬o¬)----☆ 怪しい・・・ですが、立派に生きていけると思います。
何と専門学校情報通信工学科卒業ですから〜〜〜。実力は勿論大切ですが、苦労してでも、学校を卒業しました。


 


「在校時に担任が、何か書くチャンスがあったら、ありのままを書いてください、親御さんたちは学校で子供たちが、どうしているかなど知らないのですから〜」と言っていられたことを思い出し、もう書いてもいいだろうと思って書きました。


 



 


最後まで、お付き合いありがとうございました。
明日もまた、覗いて下さいね、お待ちしています


ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログをblogramで分析
↑よろしく
お願いします




 | ホーム | 

プロフィール

和

Author:和

自助努力で、健康状態が大きく変わる世代、人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと頑張っています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。

ポチっと お願い

いらっしゃいませ


スローライフランキング
登録しています。
ぽちっと押していただけませんか

よろしくお願いいたします。




ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

シンプルアーカイブ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR