いいとこ見つけた。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

朝の運動

いらっしゃいませ

今日の気温は26℃~31℃の予報

少し涼しく感じるかしら


IMG_0387.jpg


5時からコンビニまで、予定通りお使い(ヨーグルトを買いに)
行ってきました。


IMG_0388.jpg



旅行前にやっていたウォーキング・・・と今日のお使い・・・
質が全く違ってきました・・・・・



が、帰宅後の気分は同じ爽快です。



庭にはやぶ蚊対応の蚊取り線香も準備しました


今から、草抜きをします(約一時間)



さぁ~頑張ろ!



皆様にとって、良い一日となりますように~。

久しぶりに水泳

いらっしゃいませ

今日の気温は26℃~33℃
自分だけの話しなら‘~

このくらいの気温さはどおってことはありませんが

毎年一回はこの症状を呈する若が・・・いまだに患っています。


この症状って、熱中症のようなァ~
病名・・・アハハ病名を聞いて、病気がわかるわけではないので
聞いていませんが

出された薬剤の処方は元気出せビタミン剤
と、整腸剤のようなもの、後は、こちらの関わり次第


「このこもある程度年ですからねぇ~」と言われてしまいました

そういえば、もう少し前は~
三年前まで、何事もなかった・・・。


「亀は万年」・・・少なくとも自分が健在でこんな思いをするとは思わなかった
私もかなりの極楽トンボ・・・


「ある朝、目が覚めたら~もう駄目だったていうこともありますよ」・・・て
オイオイ~それは想定外です


でも、これ以上考えこんでも仕方がありません
観察を密にして
Drとのコンタクトを上手くとって、対応するしかないでしょう

当の若(若くないことがわかった)
名前を亀千代に戻しましょう

ナ、亀千代殿。



DSC00238.jpg



上の写真は雨のハイキングをキャンセルして、クライネシャイデックで
ハイキングで降りてくる仲間を待った時のものです

ここは一度、ハイキングをしたところです
天気が良ければ野草が多いし、景観も良いですが

雨が降っていれば、霧で素晴らしい景観は望めません
まして、足元も怖い・・・ゆっくりとお土産を見るのもいいものでした。











(ちなみに前回2008の写真を)


R00106431.jpg
(2008 ハイキング)



aiga.jpg
(2008 アイガー ハイキング後の列車の中から)



R0010647.jpg
(ユングクラウヨッホ駅の郵便ポスト)



berun.jpg
(ベルン時計台)

ここまで、2008の写真です。






DSC00259.jpg



シュッシュッポポ (2017.7.24)

ロートホルン鉄道ブリエンツ駅から標高2244mのロートホルン・クルム駅まで7.6kmのアプト式ラック鉄道の急勾配を蒸気機関車が客車を押上げながらターコイズブルーに輝くブリエンツ湖を眼下に約1時間の道のりを走ります。

天気が良い日には、当然ここも素晴らしい景観があります。
下から続いて登って来る列車を見たり
単線ですから時々線路の入れ替え?(接続を変える)があったり、山の中腹で
親汽車さんに水分補給があったり、見せ場があります。


山頂には、レストランなどあります
雪が残っていて、外にも少し雹が降りました


私のお手々は手袋をはめていても、手先が痺れてしまいました。








今日は午前中晴れ、午後は一転俄かに掻き曇り~・・・凄い雨になりました

朝はもう秋を思わせるような気温になって、ガーデニングに勤しみ
白昼は、亀千代殿に気を配り・・・

亀千代のお好きな、クイモノなんですか?カイモノ・カイモノ



( ゚Д゚)ハァ?


肩が凝り、足が腐り、心も少し歪み始めたので
久しぶりにプールへ行きました


どの程度泳げるか半信半疑で入水
テレテレ~~~ざっと一時間、とうに1000mは泳いだでしょう


今日は肩が痛いから腕を大きく回そう・・・・グイグイ・・・アハハかた治りました

脚は、また、トンボの稚児のようなバッタフライ、最初は攣っていましたが
そのうちに快復


泳ぎながら~

泳いでいるうちはいいけど、また、後で(アチコチ痛みがあるんだろうね~)
自宅で少し休んで、・・・チョイト起き上がれない・・・



images.jpg


こんな形になっています。


亀千代殿は、夕方餌を拒んで・・・フンと顔を横に向けて
サッサと段ボールの住処へ~



以外に”o( ̄- ̄*) ゲンキゲンキ!!じゃないかい
明日は、それをみせかけと思わせなければ良いですが



お付き合いありがとうございました。

山の日

今日も暑かったですね
28℃~32℃

私は、昨夜から『明日は早起きをして庭を片付ける』と
気合を入れて朝を迎えたのに、殿は定時になっても起きてきません

後で気づきましたが、今日は【山の日】

私の在職中には、こんな日はなかったので・・・忘れていました。


山の日ならば、何が何でもずっと気になっているモンブラン山

モンブラン山について書かなくっちゃね。

DSC005731.jpg


『初めて、スイスに行った2003、初めてお会いしたモンブラン山』です

下の記事は、当時のHPのものです



 これから、アルプス秀峰モンブランを観光します
バスは、国境にて簡単な手続き(運転手のみ)を終え、レ・シューズ、村へ

 ここの駅からロープウエイに乗って標高3842mのエギュー・ド・ミディの天望台へ向かいます
ロープウエーの約20分はちょっと緊張します

 ロープウエイは中央部分で離合します、自分が乗っているほうは、あまり早く感じませんが
先方はかなりのスピードで移動しています、きっと同じスピードで動いているのだろうと思いました
”ぞォっとしました”

 展望台へは、ロープウエイを二度乗り換えて行き最後に垂直のエレベータに乗りますが
この日はまた残念なことに、私たちが乗ってから、動かなくなりました
エレベータの職員もなれたもので、何度もやり直していましたが、試行が繰り返されるたびに、いやな予感は強くなりました

 全員あきらめ搭乗中止、すぐに紙が張られて(準備がよすぎる・・・おかしいぞぉ!)

 私たちは最上の展望台行きをあきらめて3842mの展望台で我慢することにしました

 展望台にいた人は、エレベータの階段(工事者用)で降りられたようです



上は、2003年初めて、モンブランを見に行ったときの記事です。

500_10915938.jpg
(写真は拝借しました)


今は、モンブラン入り口の建物も立派なものになり
大勢人が押しかけても整然と管理されています


のところまで、エレベーターを乗り継いで行きます
この中も、人は多い、説明は複雑・・・
冷や冷やしながら、モンブランさん探し・・・意外にわかりにくいのですよね

白い山ばかりですから~

DSC00164.jpg

これは私が撮影したものですよ。(分かりにくいモンブランさんです)


モンブラン山、下の写真を参考にしてください。
mons.jpg
(拝借しました)


Mont-Blanc-600x393.jpg
(拝借しました)モンブランそのものを大きく撮影されたところ。


K10011096691_1708110816_1708110821_01_02.jpg
(拝借しました)
これは、本日(2017.08.11)のモンブランのようです

NHKのニュースの写真です。

さすがモンブラン綺麗ですね。



ちゃちなカメラで、立派なモンブランをとらえようって
何しろ大変なのです

一眼は、眼のところだけ当てて対象を捕まえるので
まだ、わかりやすいですが

ちっぽけなカメラは老眼を手術してその上に眼鏡までかけちゃ・・・

逆光線のときなど見えましえ~ん。(笑)


DSC00112.jpg


最後に氷河特急
中でいただくお食事は・・・

サンドイッチとジュースとか・・・
お食事は、これまでで最悪


食事も、その他のサービスもドンドン悪化してきました
美味しいものを戴きたい方は、ハイキングコースなんかに行っちゃいけないのかも~?

頑張ったハイキング

こんばんは、今日も暑かったですね
気温は28℃~34℃

凄く蒸し暑く・・・脳がチト匂いを発しそうなァ~

でも、若は少しづつ回復してきましたが
今日は三度も温浴をさせて、体調をコントロールしています


は今、動きますし少しずつ反応を示すようになりましたが

体調不良の時に(娘では昼間の管理ができず、危険だと思ったので)
病院に預けて、出発をしました。


旅行中の穏やかならない心境は、想像に余りありましたが
運を天に任せました(ちょっと大袈裟)


ついでに、娘との連絡はWi-Fiレンタルで、何とかなりました
離れていて、心配をしても何もならないのは百も承知ですけどね


(亀ちゃん、待っててね、帰ったら~完全看護よ~)づっとこの言葉が頭上を旋回していました。


只今付きっ切りで労らっています。




@ @ @ @ @



そだ! もう一つ言い訳がありました

私は、何時もは、一眼レフ、超広角レンズをつけたカメラと
ミラレスのカメラを携帯していました

ところが、前回からもう4年経って(トホホ年を取りました)
カメラが重くて、たまらないのです

旅行の前の早朝ハイキングの時にも、何度も訓練しました・・・でも~重い(-_-;)


「スイスのハイキングは下り坂ですよ」と、最初に教えられて調子に乗りました
・・・が下りも、それなりに急です・・・


足元も怖くなって、今回カメラは小さなミラレスと、もういっちょ・・・
何度も見た風景はもう見るだけで充分・・・安全重視の旅と決めました

ゆえに、写真の枚数は少なく、画質も落ちます。



さぁ~皆さんも一緒に歩いてください
いい気持ちですよ



CIMG4074.jpg



正面が目的地です
すぐそこに見えますが~なかなか・・・


CIMG4078.jpg


私たちの団体は「お一人様限定」のグループです

出発は一緒ですが、私のような高齢者もいますから
当然、列は乱れます

私と同齢の男性の方がいらっしゃいましたが
心臓とか膝関節が悪いとか、途中で休んでいられました。
(帰りには、また来ますから)


CIMG4080.jpg


流れる水は氷河が溶けたもの、ミルク色をしています
轟音を立てて、堂々としていますが

その分、氷河そのものがだんだん遠くなっているようです。


今回私のカメラが小さくなったことの理由の一つに
この自然の変化もあります

約15年間の間に、何度か氷河を見ていますが
見るたびに氷河がスリムに・・・いや~痩せて、魅力をなくしています


初めて、ユングフラウヨッホで見た氷河
稚拙なカメラマンの私のカメラにも、素晴らしい様を描いてくれました

今回などは~あまり喜ばしくないものでした

「じゃぁ~この旅の魅力は?」
「ハイ、やはり~広大な風景、そしてハイジになれるハイキングですね」

エヘヘ、ハイキング、今回一回雨でパスして14回行きました(⌒∇⌒)ヽ(◎´∀`)ノゎ──ィ!!


CIMG4089.jpg

歩いて~


CIMG4091.jpg


歩いて~


CIMG4092.jpg


雲行きが怪しくなってきましたね~(チトヤバイ)


CIMG4093.jpg


こんなところも歩きます
ときどき、花を見るのですが、ゆっくり写真を撮ていられません
遅れすぎます。


CIMG4099.jpg


そろそろ~遅れ組み

私は、クロールで泳ぐ時の様にリズムを取ながら歩いています
(これって楽なのです)

60歳代のおじさんたちも前にいるのですから
ついていけるわけはなく、時間で戻ってこられるなら

それでもよし・・・あるがままですよ。


CIMG4104.jpg


道標が出てきました、アッチ・コッチ方面


CIMG4107.jpg



氷河の先端までところどころに、この表示があります
黒っぽくてみにくいですが(〇〇年 ここが氷河の先端)と書いてあるそうです。



CIMG4117.jpg






CIMG4110.jpg



モルテラッチ氷河まで、往復約二時間のハイキング
そろそろ、終点が近くなってきました。



CIMG4084.jpg


CIMG4111.jpg



CIMG4125.jpg



ヤッタ!~ 着いたぁ~
(誰かが1cmほど飛んでいます)




水泳もウォーキングも・・・4年前の自分を元気にしていました
(´ヘ`;) う~ん・・・また寿命が長くなったかな。


お付き合いありがっとうございました。

自己管理出来ました(⌒∇⌒)

暑い日が続いていますね
台風の影響で、今日の気温は28℃から31℃
幾らか凌ぎやすく感じました・・・


 お久しぶりです、皆様にはお変わりありませんか? 




DSC00146.jpg



三年前から計画・積み立て(笑)していた旅
スイスへ行ってきました

定年退職後に、通信の学校を二年間終え
是非、海外から【発信したい】 2000年ごろは、まだ大きな夢だったのです

学校で習ったHPを発信して、オホホ、ばあ様の遊びの始まりでした。


CIMG4031.jpg




ハイジの館のお土産やさん前から見下ろしたところ
現在は、囲いをして、少しの動物が飼育されていました


ハイジの里は


私が行った、5回(ツアーには大体入っています)
毎回、観光化著しく、素朴さに欠けてきたな気がしました



でも、私は、ここが好きです
私の人生で一番大変だった、子育ての時代

あの時に、ここのハイジが自分の娘に見えました・・・


ここへ来ると、あの時代にの優しい気持ちがよみがえります


そんな話をすると、子供たちは頚をかしげます・・・が・・・なぜでしょうかね。



CIMG4037.jpg



ハイジの館付近の観光を終えて、観光バスへもどる皆さんの後姿


アハハ、急いでも、バスは冷やして待っては居ませんよ~(空気を汚染させないためのきまりですって)










今回は、いろんな重荷をしょって旅立ちました
旅のスケジュールは遅かった私でも、2か月前、それでもやっと加えて貰ってのことでした。


今回の大きな「旅の目的は」
① スイスとのお別れ(笑) 海外旅行オシマイ。
② ハイキング、最後まで歩けること
前回 ハイキング中に雨になり雷が怖くて、途中で断念、そのリベンジでした。
③ 旅先でも 自己管理が自分できちんとできるか・・・・これ~大切。




さぁ~
これから、お写真も数枚(⌒∇⌒)あります
お話もありますが


珍しく、帰ってきて一週間経ちそうな頃に、微熱を出して
その時に頂いた、新薬(抗生物質)が合わなくて

39℃以上の高熱を体験して
今やっと、脳ミソが少しずつ戻りました



前回の写真の披露も途中で止まったし



これから、過去5回のスイス
約20年間のあれこれなんか呟くことになるかと


よろしくお願いいたします。





03.gif

 | ホーム |  »

プロフィール

和

Author:和

老夫婦二人住まい、残り少ない人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと努力しています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。
どうぞ、よろしくお願いします。

あしあと

いらっしゃいませ




ブログランキングならblogram

ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!