いいとこ見つけた。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

旅・東北五日目

みちのく三大半島の旅 五日目  (旅のメニューはここです)
(2015.06.06)


CIMG2262.jpg


綺麗な畑、思わずシャッターしました。






中尊寺


CIMG2263.jpg



中尊寺・復興の花・ハス池 
ここを見てね。

CIMG2265.jpg

CIMG2267.jpg


DSC02546.jpg


金色堂の撮影は出来ません、代わりに入場券(*'▽')を

金色堂で検索をすると、こういう写真がありました


CIMG2269.jpg



CIMG2397t.jpg

CIMG2399t.jpg

CIMG2400t.jpg

CIMG2401t.jpg


CIMG2402t.jpg


中尊寺から見える平泉、北上川付近です
説明が出来ないので、検索して、わかりやすいところに辿りつきました

一緒に拝見させていただきましょう。ここです。




松島観光ここを見てね



CIMG2403t.jpg 

DSC02530.jpg

DSC02528.jpg


五大堂


松島は風が少しあり静かでした。






東北の旅は、バスでの移動時間が長く
乗っている客は、そこそこの中高年男女

黙っていれば、仕事にならない、でもお話をしていても
それを無視でおしゃべりの花が咲くところもある

バスのガイドさんが、何度も自分のガイドの反応を見ている場面がありました
そんなことは気付かない人たちも多かったでしょう・・・・・


「このガイドさんは、まだ歌を歌っていないね」
「あのガラガラ声の歌は聞きたくないよ^笑」 そんな会話もありました


ガイドさんはいろんな話を提供、文学・歴史etc・・・私は知らないことばかりなので
話は聴きましたが・・・脳裏に留まらない(爆笑)

四日目の山の中腹を通過するころ
たまたま、一番前の席になっている(順番)私の方を向いて

この歌知っていますか【籠の鳥】 (´ヘ`;) う~ん・・・「逢いに来たのになぜ出て逢わぬ」これ?・・・私
「そうそうそれ~」

「多分みなさんご存知ですよ~」私
おばさんたちは知っているようでしたが、オジサンたちは知らない

(歌いたいのかな?…私) 「歌ってェ~ まだ歌っていないでしょう」 こんな会話の後
<後ろの方も会話に入っていた>

「昨日、運転手さんから、習ったのですけどね」といってメモ用紙を出して
歌いだされました、ガラガラ声ですが・・・こぶしが回って、かなり歌い込んでいる・・・


二番目位までで良かったけど~~~(笑)~~~6番くらいまで行きました(>v<)あははぁ


あいたさ見たさに
こわさを忘れ
暗い夜道をただ一人

あいに来たのに
なぜ出てあわぬ
僕の呼ぶ声わすれたか

あなたの呼ぶ声
わすれはせぬが
出るに出られぬ籠の鳥

籠の鳥でも
智恵ある鳥は
人目忍んであいに来る

人目忍べば
世間の人が
怪しい女と指ささん

怪しい女と
指さされても
真心こめた仲じゃもの

指をささりょと
おそれはせぬが
妾(わたし)ゃ出られぬ籠の鳥


共に恋した
二人が仲も
今は逢うさえままならぬ

ままにならぬは
浮世の定め
無理に逢うのが恋じゃもの



歌い終えた後で
(たまたま、ネタのなかった山道だったのでしょう)


この歌は、男女の色恋の歌だと、私は最近まで思っていました
でも、これは~~~このあたり~~~東北の方からも人が行ったであろう

富岡製紙→(女工哀史→野麦峠)  過酷な労働条件で働かされている
女工さんの歌だそうですよ
(私も色恋の歌かと思っていましたが→ちょっと違うことを思ったこともあります)



私が中3のころ、バレーボールの大会の後は、勝っても負けても「ぜんざい会」がありました
男女のバレーボール部員のご苦労さん会です

その時に同い年の友達が、この歌をみんなの前で歌いました
高校進学率13%という時代の良い家庭のお嬢さんです

あの時に、「なんてぇ~?」とこの子がこの歌を歌ったその意味を
不思議に思ったものです。



今度のバスで、この話を聞いて、その真偽は定かではありませんが
友は、あのころ再婚で来られたお母さんとの中が上手くいかず

籠の鳥状の辛い気持ちではなかったのか?
今、そんなことも思うのです


友は小学校の教職を退いて、今、私と同じお婆さんをしています
電話をしても良いのですけど、今度会ったらちょっと聞いてみようと思っています






それから~ガイドさんへ戻る~♪

いよいよ別れの空港の少し前から~ガイドさんはお別れの言葉を歌にされました
短歌じゃない・俳句でもない・・・普通の歌です


自分の言葉に曲をつけて
「・・・・・ いよいよお別れですね・・・・・さようなら~ありがとう~♪」
この年になるまで、最後の言葉を歌にしたガイドさんにお会いしたことはありませんでした

この方は、(声は決して良いとはいえませんが)歌が好きな人
本当は早くから歌いたかったのではないかと・・・


これで旅の記録は終わりました。

最後までお付き合いありがとうございました(*'▽')

旅・東北四日目

いらっしゃいませ

今日は みちのく三大半島の旅 四日目  (旅のメニューはここです)(2015.06.05)




IMG_5014.jpg



今日の観光は下北名産センターのお土産屋さんから始まりました
ここでは、自分のお土産を買いましたよ~別にここで買ってわざわざ持っていく必要もないのに~

旅の記念です、御弁当箱「何に使うのって」
たまには、このお弁当で、お昼をしようかと~~~(庭で)
早く言えば~お茶碗代わりですね(笑)



kazu.jpg


次にいよいよ三陸鉄道北リアス線
昨年、震災後に全線開通したところですね


CIMG2226.jpg


久慈駅で、御弁当をもらって(自由に食べる)・・・列車内で座れるかどうかわからないなどと言われて~
多くの人が、駅の近くでお弁当を広げました

寒くはなかったので、良かったですが
【ウニ弁当】ではなく「イクラ弁当」でした、これが~冷たいのです(´ヘ`;) う~ん・・・
弁当だから~仕方がないのかな?

CIMG2229.jpg

CIMG2233.jpg

CIMG2234.jpg

CIMG2236.jpg

CIMG2237.jpg

CIMG2238.jpg



テレビなどで見慣れた風景ですね。

普通はこんなに静かな、素敵なところなのに~自然は怖いですねェ~


CIMG2395t.jpg



次に浄土が浜です


CIMG2246.jpg

CIMG2248.jpg



お宿は~鶯宿温泉

お食事は豪華(明日から粗食だ!・・・と、完食)
20時過ぎからホテル内のお祭り広場で

餅つき・太鼓・民謡・踊り、こういうのを見ました
私は民謡は好きなので、しっかり聴きましたよ

津軽三味線の弾き語り(若いお師匠さんと弟子)3人組でよい声でした
(写真 ナシ)
餅つきは、杵がうさぎさんの餅つき様、4人でつきました

餅は後で、ふるまわれました~~~が、私はもうお腹に入らない~(笑)
っていうか~後がこわいい~~~~~

太鼓は、ホテルの職員さんということでした
フロント・レストランetc毎日ホテルで働く人たちが交代で出るようです

この日は、女性ばかりでした
これは、ちょっと残念、女性は体力が男性の70%と言われていますね

やはり音が・・・男性の音には勝てません。




その夜11時ごろ~どこからか、ドンドコ~ドンドコ 太鼓の音らしきものが聞こえてきました
私の空耳??? 「イイエ~あのリズムはやはり太鼓」時々止まって~また始まる~~~

職員が交代で、毎日こういう出し物をするには、夜間の練習は必須でしょう
大変ですねぇ~



o-o1.gifo-o1.gifo-o1.gif


最後までお付き合いありがとうございました。

旅・東北三日目

いらっしゃいませ

今日の気温は20℃~23℃
 が動かない筈です


DSC02544.jpg

DSC02542.jpg

背中に保温器の灯を当てて、おとなしいですよ。





私は若がお昼寝の間、プールへ行って来ました
久しぶりに泳ぐのは~これまた~不調(当然ですね、筋肉の劣化は早い)

明日、昼のコースに入れたらいいなぁ~と思いながら帰ってきました

今日は、女の先生の泳ぎを見ました~まだ若いしとても手の動きなど素晴らしい~
隣のコースで泳いでいて、”o( ̄- ̄*) ゲンキゲンキ!!をもらってきました

その先生のレッスンが明日なんですよ。

一人で泳いでいると何となく気合が入らず(ゆったりしすぎ・・・)
先生の横で、元気をもらったら、本当に気合が入ってきました(笑)








みちのく三大半島の旅 三日目  (旅のメニューはここです)



CIMG2136k.jpg






今日は、まず船で出発、蟹田港から<むつ湾フエリーで>脇野沢港へ~
それからバスで佐井港


ここで、昼食(写真がありませんが帆立貝定食)
流石に、東北のほたては美味しかったです


昔、バナナが高価なころ、病気の人の栄養にバナナが良いと
帆立貝とバナナの交換があった

そのくらい、現地では帆立貝が豊富の取れて、また美味しい~
というお話がありました。
(バナナが輸入されていた時代のお話ですね)


CIMG2184.jpg


山の麓に住む私には、こんな風景も目につきます。


CIMG2185.jpg

CIMG2191.jpg

CIMG2192.jpg


脇野沢港につきました。


CIMG2195.jpg


そして~
このあたりから▲仏ヶ浦遊覧の予定でしたが
お天気の関係で、欠航

次にバスで大間岬へ


CIMG2200.jpg


大間岬 向こうに北海道が見えます。


CIMG2201.jpg

CIMG2203.jpg

CIMG2379t.jpg

CIMG2382t.jpg





〇 恐山(日本三大霊場の一つ)

テレビで、ここへ参る人のレポートを見ていましたので、何となく緊張気味・・・でした。


CIMG2384t.jpg

CIMG2385t.jpg

CIMG2386t.jpg

CIMG2387t.jpg

CIMG2388t.jpg

CIMG2389t.jpg

CIMG2391t.jpg

CIMG2205.jpg

CIMG2206.jpg

CIMG2209.jpg

CIMG2212.jpg

CIMG2216.jpg

CIMG2217.jpg


この中を50分くらい歩きました、ここも寒い~~~11℃位だったような~


ここが済んで、お宿は斗南温泉、ここの温泉も良かったですね。
夕食はホテルで~豪華にならんでいる膳、写真はありません

最近、和食でこんなに沢山食器の並んだお食事をしていません
二年前の北海道旅行以来です・・・


日本食ってヘルシー 
沢山ある器の中に食品がちょこっと入っているのですね
食品を全部集めたら~少し大きなお皿で納まりそうな~

そんなつまらぬことを考えて、完食
体重は2㎏位増えて帰ってきました

今、ウン?1㎏戻りましたので、もうすぐもとに戻りますv(@∀@)vィェ~








旅の振り返り、三日目になって少し乗ってきました~
この五日間、いろんなことを考えたのですが・・・忘れてしまって(T_T)/~~~

特に東北の作家さんたちのお話(バスガイドの)
昔、私も読んだ本、名前を記憶している人ばかりなので

興味をもって聴きました。


でも~すぐに忘れてしまうのですよね~

貧困な生涯の作家さん(多いですが、句に残している・・・じっと手を見る・・・)
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば人は動かじ(私もそうした)etc

沢山の著名人のお話が出てきました

それから現役の野球の選手(銀二さん)のおじい様のお話等
楽しく聞かせていただきました。





o-o1.gifo-o1.gifo-o1.gif

お付き合いありがとうございました。

スイス旅 8 (ベルン観光)

スイス旅 8 ベルン・ルツエルンへ
ベルン

ベルンは、スイス連邦の首都、 ベルン州の州都でもある。
人口は129,265人で、チューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴに次ぐ4番目の規模の都市である。街の語源は熊。

市の紋章にもなっている。スイス連邦議会議事堂の所在地であるほか、万国郵便連合などの国際機関も置かれている。ドイツ語圏に属する。 「ウィキペディア」

CIMG1077.jpg
(旧市街 公園から見たもの)



この日の午後の観光はあまり気が進まなかった
なぜなら、スイスの山の方の観光地は綺麗になるばかりですが

市内へ来ると、余り清潔とは言えません。

バラ公園、こんなバラ公園ならどこにでもあるし~バラの花を午後に見ても
残念ながら、美しくはありません。

でも、この公園からの景観が素晴らしい!
これが公園観光の役割だと思います。


CIMG1100.jpg

【バラ公園】


CIMG1082.jpg


CIMG1083.jpg


CIMG1086.jpg


【熊公園】

CIMG1099.jpg


ベルンの旗の紋章は熊。ベルンの人達は、街の象徴である熊を大変かわいがっている。





ルツェルン観光

【カぺル橋】

03140x.jpg

カペル橋は、スイスのルツェルンを流れるロイス川に架かる橋である
ヨーロッパで最も古い木造橋であり、スイスの主要な観光スポットの一つです。

images.jpg
(ここの写真はフリーで拝借しました)


【ライオン記念碑】



砂岩の崖に刻まれたこのライオン像は、1792年フランス革命の際にパリのチュイルリー宮殿でルイ16世一家を守って亡くなったスイス兵を称えて1821年に作られた。“瀕死のライオン”として知られている。

CIMG1112.jpg



CIMG1116.jpg


最後の集合場所で見た花、クレオメです。

スイスの自然で感動の連続、良い気持ちで最後の観光地に来ました。

ところが、街の中の混雑は言うまでもなく、
それに準じて、公衆衛生の場所などの汚染ぶりは、今までにないものがありました
思い出したくもない場所もありました、

これは、我が国の近隣国のお客様をスイスで多く見かけるようになってからの変容です。
美しく使いたいものですね。



o-c1.gif


これで、私の海外旅行報告(^^♪ は終わりです。
拙い、私の写真や、説明に忍耐強く絶えて下さいました。

ありがとうございました。







スイス旅 8(ロートホルン鉄道乗車体験)

【8日目  ロートホルン鉄道乗車体験】

グリンデルワルドのホテルを8:30出発
一時間後プリエンツへ着きました。

天気が良かったので、ロートホルン展望台は楽しみでした。

CIMG0985.jpg

↑ ここが駅です。


CIMG1070.jpg


この列車に乗ります。





暫くの間、列車の音を聞きながら、森林をお楽しみください。


CIMG0992.jpg


CIMG0994.jpg


CIMG0995.jpg


CIMG1000.jpg


CIMG1004.jpg


CIMG1010.jpg


CIMG1016.jpg


CIMG1019.jpg


CIMG1025.jpg


CIMG1027.jpg


CIMG1028.jpg


CIMG1034.jpg




CIMG1039.jpg





CIMG1049.jpg


頂上(展望台)へ着きました

前方の山は、指標があるにはあるのですが、余りにも山が多くて見分けがつきません。

CIMG1054.jpg


CIMG1055.jpg


CIMG1056.jpg


CIMG1057.jpg


CIMG1059.jpg


CIMG1064.jpg


CIMG1066.jpg

【仲良し姉妹鉄道】


CIMG1068.jpg


CIMG1069.jpg


CIMG1072.jpg


水を追加しています。


CIMG1074.jpg


窓外の景色を居ながら、麓へ下りてきました。


次は、ベルン観光です、もう少し辛抱してね。




 | ホーム |  »

プロフィール

和

Author:和

老夫婦二人住まい、残り少ない人生を、明るく・楽しく・笑顔で過ごしたいと努力しています。
花に語り、亀に語り、独り言の多い人生です。
どうぞ、よろしくお願いします。

あしあと

いらっしゃいませ




ブログランキングならblogram

ここから和へ
お便りが書けます。
どうぞよろしく

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

安心でおいしい贈り物 お中元はセコムの食で!